ScriptArts

創造をもっと自由に

JPMOBILEの民泊Wi-Fiは実用に耐えうるのか?

JPMOBILEが提供している民泊Wi-Fiは個人で使った場合に実用に耐えうるのか?という話。

民泊Wi-Fiとは?

そもそも民泊Wi-Fiとは、施設や部屋を宿泊施設として貸し出している民泊事業者が主に利用し、外国人旅行客等の宿泊者に対して宿泊中のWi-Fiサービスを提供する為のサービスです。 JPMOBILEの民泊Wi-Fiもそのサービスの中の一つです。 wifi.jpmob.jp

契約主がWi-Fiを使うのではなく、宿泊者が使用することを前提としたサービスのため、どのぐらい通信を利用するかが不明なため、今までのWi-Fiサービスであったような3日で10GB縛りだとか、1ヶ月20GB縛りだとか、そういったものは基本的に存在しません。
キャリアはSoftBankで、実質無制限通信を謳っています。
といっても、一応SoftBankとJPMOBILEとの間で契約があるらしく、月の通信容量が100GBを超えたあたりで通信制限が発生する場合もあるらしいです。
まあ、ほとんど普段使いで家に固定回線のWi-Fiがある環境だと外のみで100GBつかうことってほとんどない(ないよね?)ので、速度制限の部分は心配してません。

それで、民泊事業者って個人でも観点に余ってる部屋とか貸せる制度なので、個人でも1台から簡単に借りれます。 正直、民泊事業者やってなくても契約にはなんの問題もないです。 じゃあ速度がどの程度出るのかっていうのを、実際に契約して半年ほど経つので参考になるかなと記しておきます。

実測の環境

実測の前に、環境を説明しておきましょう。
JPMOBILEでは初期でルーターを貸し出してくれるのですが(MF855)、デカイ、重い、遅いというクソ3銃士みたいな端末です。

そこで、手持ちのMP01LNというNECのモバイルルーターを使用して計測します。

付属ルーターのMF855にSIMカードが刺さっているので、取り出してMP01LNに刺します。 そのときに、SIMのサイズがmicro-SIMなので本来は刺さらないのですが、nano-SIMに切り替えて使えるように、外枠がぺりぺりとはがせるような構造のSIMになっていますので、手で剥がしてサイズを小さくします。 ※剥がして返却時になんて言われるかは謎なので、責任は取れません。

接続方法はacの5Ghzで、通信端末はGalaxyS7Edgeで行います。 計測時間帯は混雑を避けるため朝の3時です。 場所は東京都葛飾区

実測

f:id:tatuharu:20190826025729j:plain

下り13Mbps出ていますね。 実際常時こんなもんです。 混雑する場所だと8Mbpsぐらいまで下がりますが、概ね15Mbps~8Mbpsの間ぐらいです。 決して早くはないですが、Twitterやウェブサイトを見る程度なら全然可能ですし、意外とYOUTUBEなども問題なく見れています。 まあでも、普段使いでソシャゲのアップデートとかするとやっぱり遅く感じるのが実情ですね。 月額3500円で無制限使い放題なので、この速度でもまあ許せてはいるのですが...

とりあえず、実用には耐えうる、ということで。